male doctor

薬の処方について

doctor amazed

身近な診療所として風邪をひいた時にお世話になる内科は、一度通院して診療明細書を貰ってみないと分からないことが多いです。保険点数で本来は診療報酬が決まっているはずですが、内科では処方される薬に対する説明まで丁寧にする所と、薬局で聞かないと分からない病院もあります。 内科で院内処方を希望した時の反応で、ある程度察しが付くものですが、院内処方を断る内科や近所の薬局でしか在庫を置いていない薬を処方する内科については警戒する必要があるでしょう。院内処方は利便性が高く患者にとっては調剤費用が不要なために、医療費が安く済みます。一方で、院外処方にはジェネリック医薬品への変更や複数の病院へ通院している場合の薬の飲み合わせ相談が出来るので安全です。安く済ませるなら院内処方、ジェネリック医薬品への変更をしたいなら院外処方の内科を選ぶと良いです。

内科を受診する際には、ジェネリック医薬品に対する医師の考え方を確認しておくことが大切です。内科により院内処方が行われていると、医師の判断で薬が指定されるので、ジェネリック医薬品を希望しても変更出来ないことがあります。 医薬分業が進んでいるので、院外処方を行う内科医が増えていますが、調剤費用を薬局に対して支払う必要があるので、薬の丁寧な説明を受けたいといった場合を除いて経済的ではありません。ジェネリック医薬品を希望していても、医師が処方箋に反映してもらえない場合には、院外処方ならばジェネリック医薬品への変更が出来ます。 院内処方を行うことで、慢性疾患ほど毎月かかる医療費を削減出来るので安心です。内科を選ぶ際には、かかりつけ医となってもらうためにも、最初は複数の病院へ通院してみて最適な病院を見つけることが大切です。

ページのトップへ戻る